1. ホーム > 
  2. ものづくりマイスター

ものづくりマイスター制度とは

 「ものづくりマイスター制度」とは、高度な技能をもったものづくりマイスターが技能競技大会の競技課題等を活用し、中小企業や教育訓練機関で広く若年技能者への実技指導を行い、効果的な技能の継承や後継者の育成を行うものです。
 対象分野は100を超える建設業および製造業に該当する職種です。

詳しくは「技のとびら」ホームページをご覧下さい。
ものづくりマイスター実施風景

募集概要

 以下の要領で「ものづくりマイスター」を募集しています。

認定基準

次の3つすべてに該当する高度な技能を有する方を募集します。
  1. 技能検定の特級・1級・単一等級の技能士及び同等の技能を有する方、技能五輪全国大会の成績優秀者(銅賞まで) のいずれかに該当する方
  2. 実務経験が15年以上ある方。
  3. 技能の継承や後継者の育成に意欲を持って活動する意思及び能力がある方。

申請資格

次の2つの要件を満たしていることを申請資格とします。
  1. 応募時に、第三者から「ものづくりマイスター」にふさわしい方として推薦を受けられること。
  2. 認定を受けた場合、プロフィール・指導内容等の公表が可能であること。

申請方法

指定の申請用紙に必要事項を記入して、群馬地域技能振興コーナーに提出してください。
※申請用紙は、中央職業能力開発協会ホームページからダウンロードできます

>> 中央職業能力開発協会ホームページ

申請締切

随時募集

お問い合わせ

 詳しくは群馬地域技能振興コーナーにお問い合わせください。
 技能継承・後継者育成に意欲を持つ熟練技能者の方々の申請をお待ちしています。