目指せ!プロの職人を!

新着情報


ものづくりマイスター制度とは

「ものづくりマイスター制度」とは、高度な技能をもったものづくりマイスターが技能競技大会の競技課題等を活用し、中小企業や教育訓練機関で広く若年技能者への実技指導を行い、効果的な技能の継承や後継者の育成を行うものです。
対象分野は100を超える建設業および製造業に該当する職種です。

もっと詳しく
ものづくりマイスター実施風景

ものづくりマイスター

  • マイスター認定申請
  • 実技指導
  • 目指せマイスター

ITマスター

日本の労働生産性を向上させるためには、労働者一人ひとりが情報技術を有効に活用できることが重要です。
そのためには、小・中・高の若年世代から情報技術に慣れ親しみ、使いこなせる能力を身につけることのできる環境整備が必要となります。
ITリテラシーの強化や、将来のIT人材育成に向けて、小学生から高校生にかけて段階的に情報技術に関する興味を喚起するとともに、情報技術を使いこなす職業能力を付与するため、情報技術関連の優れた技能を持つ技能者を「ITマスター」として派遣し、講習等を実施します。

もっと詳しく
ITマスター実施風景

技能振興イベント

  • 技能五輪全国大会群馬県予選大会
  • ものづくりスタジアムinぐんま
  • 若年者ものづくりスキル交流会
  • シンポジウム

  • 群馬県職業能力開発協会
  • 一般社団法人群馬県技能士会連合会
  • 中央職業能力開発協会
  • 群馬県
  • 厚生労働省ものづくりマイスターデータベース
  • 技のとびら 技能検定制度等に係るポータルサイト
  • 厚生労働省